筋肉太り解消クラブ

海外サッカー選手の方が日本選手より脚が綺麗な理由

海外サッカーの選手が脚が綺麗?

日本のサッカー選手と海外のサッカー選手を見比べた時に日本のサッカー選手の方が下半身がどっしりとしていて太いと感じることはありませんか?
海外のサッカー選手は胸筋や腹筋に目がいきますが、日本のサッカー選手は脚のがっしりとした筋肉に目が行くことが多いです。

これはサッカー漫画『フットボールネーション』で取り上げられていた話題ですが、海外のサッカー選手と日本のサッカー選手を比較すると、日本のサッカー選手の脚はごつごつと筋肉質で太いのに対し、海外のプロサッカー選手の脚は伸びやかで美脚なんだそうです。

言われてみれば日本人のサッカー選手は脚ばかりが目立って視線がそちらに行きますが、海外の有名サッカー選手はそれにくらべるとスマートで脚の筋肉も細いように見えます。

その漫画によると、日本人のサッカー選手はプレイをしてるときに比較的頭がゆらゆらと上下するそうです。

その点海外の選手は移動する時にスーッと動いている。

これってウォーキングのこととも通じますが、海外の選手は体幹が安定した移動が出来ているんですね。

脚の筋肉でガシガシと脚力に頼った動き方をするのではなく、体の中心が一本通ったバランスで体全体を使って移動していく。

そうすれば脚ばかりに太い筋肉がつくことが防げるんです。

体幹を安定させるには?

体幹を安定させるにはバランスボールやバランスディスクを使ったバランスのトレーニングや、体幹の筋肉を鍛える筋トレが有効です。
バランスボールに乗ったままキャッチボールをしたり、バランスディスクに乗りながら片足で立ったりすることで体のバランス力が鍛えられます。
また腹筋、背筋、インナーマッスルの細かい筋肉を鍛えることで体が安定します。

もし、あなたがサッカーをやっていて脚に太い筋肉がついてしまって悩んでいるのなら、海外選手のプレイ方法を見て自分のプレイに生かせないかどうか研究してみてはいかがでしょうか?

関連情報

フットボールネーション