筋肉太り解消クラブ

どうして「ふくらはぎ」が筋肉太りになるの?

「筋肉太りで悩んでいる」
そこから想像する部位は「ふくらはぎ」ではないでしょうか?

というか女性で「ふくらはぎ」以外の筋肉太りってあまり聞きません。

以前電車の中で「力コブがなかなか消えない」と元スポーツをやっていた方が言ってましたが、
その腕はとても「太ってる」ものではなかったんです。

ではなぜふくらはぎは筋肉太りになるのでしょう?
それにはいろいろな原因があります。

ひとつは代謝の悪さ

心臓から遠いため血液の流れは運動などをしないと滞ります。
それによって老廃物が排出されず、筋肉や脂肪が落ちる妨げになります。

もうひとつは「脚を使わないのは難しいから」。

せっかく筋肉太りを解消しようとしても、使わずにそのままほっておいておくことができないんです。
二の腕や顔、お腹だったらあまり使わずにいることは可能ですよね。

でもふくらはぎは歩くときに絶対使うんです。

生活をしている上で余計な筋肉を落とそうと思ってもなかなか出来ません。

また、ふくらはぎが筋肉太りである理由は「歩き方の癖」がほとんどですが、歩き方は自分で治すことは難しく、癖を自覚するのも困難です。

癖が自覚できないので「なにもしていないのに筋肉太りになっている」という思い込みによっていつまでたっても余分な筋肉は落ちません。

ふくらはぎの筋肉太りを治すのは歩き方の癖を治すことはマスト。

がっしりとしたふくらはぎに悩んでいる人はまず歩き方の癖を自覚しましょう。