筋肉太り解消クラブ

筋肉太り予防のストレッチはいつ、どれくらいすればいいの?

筋肉太りとストレッチ

筋肉太りになってしまわないためにもストレッチで予防することが大切です、という情報は聞きますが、具体的に「いつ、どれくらいの時間」ストレッチをすればいいのかが分かりにくいですよね?

「充分にストレッチしてください」と言われても何をもって充分なのかも分かりません。

いつのタイミングでストレッチすればいいの?

具体的にスポーツをする上での筋肉太り予防ストレッチのタイミングは
スポーツをする前、スポーツをした後、就寝前、がよいでしょう。

スポーツをする前のストレッチは怪我を防ぎ、運動パフォーマンスを高め、筋肉疲労を予防します。

スポーツをした後のストレッチは筋肉疲労の排出を促します。

さらに、就寝前のストレッチはもう一度筋肉に酸素と血液を送り疲労回復を促す上でのストレッチです。

どれくらいの時間ストレッチすればいいの?

ストレッチというのはエクササイズと違って、その部分だけやればいいというものではありません。
周辺や体全体をストレッチすることで効果があります。
もちろんちょっとした日常生活でのストレッチでしたら気軽にちょっと行えばいいのですが、
スポーツをする上で明確な意図があってする場合は体全体を順序よく時間をかけて行う必要があります。

一つの動作がゆっくりと行うものですので、だいたい一連のストレッチをすると早くて20分から30分。
プロのスポーツ選手だったら40分から1時間くらいをスポーツ前のストレッチにかけます。

もし一般の人が筋肉太り予防に、ということでしたら、20分から30分をスポーツ前とスポーツ後に、就寝前にはリラックスして少し簡略化したプログラムを行うくらいでもよいでしょう。
あくまで時間は目安です。合計時間は組み込むストレッチのプログラム内容によって変わっていきます。
自分の筋肉の状態とスポーツの内容によってストレッチの内容も変えましょう。