「有酸素運動」「ストレッチ」「エクササイズ」どっちがダイエットに効果がある?

脚やせクラブトップ>ダイエットと脚やせ, 脚が太い原因

どちらがダイエットにいい?ダイエットをしようと思ったときに一番に思いつくことはなんでしょうか?

多くの人が「食事制限」と「有酸素運動」ではないではないでしょうか?
有酸素運動はエネルギーを使い脂肪を燃焼する運動のためダイエットに適しているというイメージがついているからだと思います。

有酸素運動をして脂肪を減らすダイエットで理想のプロポーションに近づけるでしょうか?

日本人の多くの場合は欧米人でダイエットをしたい人のように「肥満」という状態ではなくて「体重は標準なのに体型が気になる」というタイプの人が多いように感じます。

たとえば「胸やおなかはいいけど脚だけ太い」とか「太ももの前面が硬くもりあがってるのが気になる」など
ウエイトというよりはシルエットに不満を持っている人の方が多いですよね。

いわゆる巨漢とか、誰からみてもおデブちゃんの人って案外少ないです。

「ダイエットしなきゃ、ダイエットしなきゃー」といっている女性って見た目はそんなに太っていません。

有酸素運動は全体の脂肪が減る

有酸素運動でダイエットをしたところで脂肪のついた部分しか減りませんので体のゆがみで筋肉が偏ってついていたり、姿勢が悪くなっている場合はそのままです。

もともと肥満体型ではない人が多いわけですから脂肪が減ったところで筋肉が浮き出て筋張って見えてしまう。
そこで「ちょっとやりすぎたかな」と思って運動をやめてしまう。

でも自分が不満に思っているお尻は大きいままだし、太ももも太いまま…という状態になってはいないでしょうか。

下半身太りもいつまでたっても改善しません。

有酸素運動が悪いわけではないのですが、脂肪を燃焼するダイエットをする前にまず自分の体のコンディションを良好にすべきです。

O脚だったり歩き方が悪いのにそのまま運動をしても筋肉が偏って付いてしまいます。

体に偏った筋肉がついたり骨盤が開いてしまっていたり、大転子が飛び出してしまっている…

そんな体型でお悩みならばストレッチをしたり、弱っている筋肉を部分的に鍛えたりしてゆがみのない体を作っていくことからはじめたほうが近道です。

ゆがみが矯正されストレッチで筋肉の血行がよくなればよりダイエットの成果も出やすくなります。

また、ヒップのたるみや膝のもたつき、太もものぷよぷよした見た目が気になるのならエクササイズで集中的にその部分の筋肉を鍛えることで改善します。

もちろん全体的に脂肪がついて太っている人は有酸素運動はおすすめできます。
肥満体型ならば、食生活を改善し比較的負担の軽い有酸素運動を取り入れれば無理なく脂肪を燃焼することが出来ます。

ただやみくもに有酸素運動を選ぶのではなく、自分がどういった体になりたいのかイメージしてその体型に向かってボディーデザインをすることが美しいプロポーションを作るポイントです。

ポイント

  • 全体的に太っているのなら有酸素運動
  • 部分的な太さが気になるのならストレッチ
  • 部分的なもたつきが気になるならのならエクササイズ
  • ダイエットだから!とすぐに有酸素運動を選ぶのではなく、自分の太り方にあった方法を選択しよう