ダイエットを成功させたいなら「食事制限」ではなく根本的な「食事改善」

脚やせクラブトップ>ダイエットと脚やせ

ダイエットを失敗する理由はリバウンドです。 いわゆるカロリーを制限したり、糖質を制限するダイエットは「食べたい!」という欲求を押さえ込みますから、とてもストレスが溜まります。

その結果、一時的に体重が減ったとしてもストレスから過食になったりしてリバウンドします。

運よくリバウンドしなかったとしても、カロリー制限食や糖質制限食を今までの食事に戻してしまえば体重は元に戻ります。

どうやっても食事制限ではダイエットを成功させることは出来ないんです。

では、どうしたら良いか?

根本的な食生活の改善を行う事でそれは解決します。

その人の体型は食べたものと運動量、基礎代謝量などで決まります。

あなたの体は食べている物習慣的な運動量(特別な運動以外にも通勤、通学、買い物での移動など)のバランスで脂肪の量が決まっているのです。

運動量に大差ないなら太っている原因は一つ

「習慣的な運動の量」と言っても、マラソンランナーだったり、トレーニングを職業としていたりする場合以外は、日常の運動の量はさほど変わりません。

1日には限りがあります。 意識して何か運動しているわけではないのなら太っている人も標準体重の人も同じ様な運動量です。

もちろん遺伝的に太りにくかったり、痩せ型だったりすることもありますが、それは特殊なケースです。

運動量が大差ないのだとしたら、太っている原因は一つです。

食べ物の内容や量が問題なんです。

仮に自分がなりたくない体型を作る食べ物の内容や量の食事を「ダメ食」、 健康で理想の体型にキープできる食べ物の内容や量の食事を「良食」と表現します。

ダメ食を食べている状態でカロリー制限をするダイエットをしたところで、ダメ食にいつか戻ってしまうわけですから体型は変わらないんです。

「ダメ食」の内容を見直し、一生付き合っていける「良食」に変えないと体型の変化はないんです。

その為にはダメ食がなぜダメなのか考え、ダメな部分を改善し良食にしないといけません。

「食事改善」はダイエットではない

これはダイエットではありません。

自分の日常的な食事方法の内容を見直し、改善するんです。

日常的な食事方法なのだから、その食事方法は一生続きます。 一生続くのだからリバウンドすることも、体型が元に戻ることもありません。

ダメ食を改善するにはレコーディング(記録)

ダメ食を改善するのに、まずやる事はレコーディング(記録)です。 1日に口に入れたものの内容と時間をひたすら記録します。

朝起きて、水を飲んで、味噌汁を飲んで、通学途中に玄米ブランを食べながらカフェオレを飲んで、学校についたらガムを食べてジュースを飲んで…そんな感じで口に入れたものを全部書きます。(アプリでの記録でもOK)

ここでは「食事を控えないと」とか「低カロリーにしないといけない」なんて気にしなくても良いです。

大切なのは食事の内容を分かることなので、3日から5日くらいひたすら食事内容を記録しましょう。

ダメ食が判明したら良食に変えていく

5日も食事を記録すれば、自分の行動パターンが分かります。 食べてないつもりでも実はジュースやカフェオレも1リットル近く飲んでいたり、 栄養のある食事を摂っているつもりが実は炭水化物だらけでたんぱく質やビタミンが不足した食事内容だったり、 間食していないつもりが、実はちょくちょく口に食べ物を入れていて、トータルで1食分くらいは食べていたり…。

ダメな部分が分かったら、これを少しずつ改善します。

通学途中に食べてしまうお菓子はナッツやドライフルーツにしてみたり、 カフェオレやジュース等の甘い飲み物は1日1杯までにしてみたり…。

いきなりガラっと食事を変えるとストレスがたまりますので、やれる範囲で食事の内容を変えていきましょう。

間食を改善したら、今度は朝、昼、晩の食事の改善。

朝はおなかがすいていないのに食べ過ぎてはいないか? 昼ごはんにきちんと栄養を摂れているのか? 晩ごはんに揚げ物や炭水化物を摂り過ぎてはいないのか?

カロリーではなく、栄養と量に気をつけて見直していきましょう。

良食かどうかは体型が答え

ダメ食を改善していって良食になったら、もう体型はスッキリとしているはずです。

良食になったのかどうかの判断はあなたの体調と体型が教えてくれます。

食事の内容も問題なく健康的で、量も適量なのにまだぽっちゃり系…ということはまずありません。 (ギャル雑誌の読者モデルさんの様なめちゃ痩せを基準にする場合は除きます)

体型はスッキリしたけど、全体的に体の締まりがないという場合は筋トレやエクササイズ、ピラティス、などで筋肉をつけましょう。

そろそろ一生つきあえる食事を考えてもいい時期

一時的にダイエットをしてはリバウンドして、ぽっちゃりした体をいつまでも「こんなのは自分じゃない」と思いながら生活していくのは時間の無駄だとは思いませんか?

ぽっちゃりした体型を自分で望んでいるのなら、それはいいんです。 女性らしく脂肪がついた体型はかわいらしいですし、愛されます。

しかし、もし自分がぽっちゃり体型を好きになれなくて、ダイエット特集を見るたびに特殊な食事を取り入れては失敗して、変わらない体型に嘆いているのなら

あなたに必要なのは食事制限ダイエットではなく、日常の食事の改善です。