脚が太くなる自転車の乗り方、細くなる乗り方

脚やせクラブトップ>脚やせと運動

自転車で脚やせ

最近、掲示板などの書き込みを見て興味をもったのでコラムに書いてみようと思いました。

それは「自転車で脚は細くなるのか、太くなるのか」ということ。

こちらのサイトを見てくださっている方はご存知と思いますが、足子は全力で自転車を薦めていません。

なぜなら、学生時代の自転車通学がふくらはぎを発達させ、筋肉太りをひどくしてしまったということがあるからです。
(当サイトで定義している「筋肉太り」は、筋肉が血行が悪く凝り固まってしまい、ムクミや脂肪をつきやすくしている状態です。ただ筋肉が太くなっている状態ではありません。)

整体の先生も「自転車通学の人ってだいたい同じふくらはぎをしてる」とおっしゃっていました。
立ち漕ぎなんかがめちゃいけなかったようです。

そして、足子のようなタイプのふくらはぎはかなりサイズダウンが難しいとも言われました。

私はもともと脚は筋肉質のようにごつごつしていましたが、さらに自転車通学をしていたことで余計頑固ながちがちふくらはぎになってしまったと思っています。

ですから、「自転車ってどうなの?」と思っていましたが、
ネットでの書き込みを見ると、どうやら自転車で脚やせできている人もいるみたい。

その人は「自転車で通勤していたら脚が細くなった」と書いていたので
なぜだろう…と思っていたんです。

ママチャリで脚やせはできない

よくよく書き込みを見てみるとどうやらその自転車で脚やせを成功させた人は
かなりちゃんとした自転車に乗っていて(ママチャリではない)
負荷が軽い状態で漕いでいたそうです。

ふくらはぎでぐっと踏み込んで走るのでなく、脚全体でくるくると車輪を回転させて走る感じ。

そして、その軽めのギアで走るという事自体は普通のママチャリでは難しいこともわかりました。
そもそもママチャリのギア自体2段階程度のちゃんとしたものではありません。

ふくらはぎをぐっと踏み込まないで漕ぐのは至難の業。。

ギア調節のできる高価で本格的な自転車での脚やせは可能ということが分かりましたが、
逆に言うとそういった自転車でないと脚やせを自転車でするのは難しいということ。

どうしても自転車を使って脚やせをしたい人は、本格的な自転車を買うか、
ジムでエアロバイクを負荷を軽めにしてのるのがよさそうです。

もちろんこういったことで脚やせ出来る人というのも脂肪太りやムクミ太りの人に限ってです。
自転車を漕いで筋肉太りは解消しませんし、脚の歪みも改善しませんので、

「筋肉がゴツゴツしてみえて気になる」という方や「脚がゆがんでいて筋肉が横に張っている」という人は「自転車で脚やせ」はやめておいたほうが良さそうです。

本格的な自転車を乗るのはテクニックもいりますし、自転車は歩道を走ることもできなくなりました。

「自転車で脚やせ」はかなり難易度が高めだというのが私の感想です。

以上のことからわかるように、
「自転車で脚やせしたいから、毎日ママチャリで1時間走ってます」というのは逆効果ですので気をつけてくださいね。