4コマ「脚太女子ブーツ失敗談」

脚やせクラブトップ>足子の脚やせマンガ

脚やせ漫画

10代のころの足子はその太いふくらはぎ(当時38cmとか、すごい時は40cmとか、、)を隠すためにブーツをよく使っていました。
幸い太ももはそこまで太くなかったためにふくらはぎさえ隠してしまえば女の子っぽいファッションもできる!と考え、お気に入りのブーツをめちゃ履いていたんです。
なかなか市販のブーツはふくらはぎが入らないのでやっと見つけた1個をヘビーに使っていたら、、
友達の家から帰るときにまんまと「バチーン!」とファスナーが壊れて大変なことに(・Θ・;)

結局友達にジーンズとスニーカーを借りてブーツを修理に出すという大惨事。

ふくらはぎは1日でサイズの変動がすごいあるので気をつけましょう。
そして恥をかかないためにもファスナータイプのブーツのメンテナンスはしておきましょう、、。

まあ、こんなに無茶なことをブーツに強いているふくらはぎ太子も足子くらいなんですけどね、アハ、アハ。(乾いた笑い)

今はトレンカと、レギンスというアイテムが出てきたのでブーツを使いすぎることもないですし、ミニスカートを履くこともなくなったのでこのような失敗をすることはなくなりました。

あ~、恥ずかしかった~。