実はサイズじゃなかった。あなたの脚は本当に太いの?

脚やせクラブトップ>あなたの脚はどんな脚

脚やせクラブにいただくみなさんのお悩みを見ていると、お悩みの内容の割には実際のふくらやぎや太もものサイズがまったく問題ないものであることがよくあります。

サイズ的には標準か、それより細いくらいなのに「すごく太い脚。自分の脚がすごく嫌い。」と自分の脚があたかもすごく太いかのように思い込んでいるんです。

もちろん、私のように(笑)実際標準のサイズよりも太くなってしまっている人も同じように多いですが、質問をいただく内容を見るとかなりの割合でサイズは細くする必要がない「脚やせ不要タイプ」も多いんです。

「脚やせ不要タイプ」はサイズ的には問題のないサイズなのでそもそも脚やせできる落ちシロがありません。

脚が標準より太い人よりも脚やせできないんですね。

これではイライラしてしまいますし、いつまでたってもサイズダウンなんて出来ないと思いませんか?

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょう?

脚が太いかどうか判断するのは見た目

よほど特殊な能力がないかぎりあなたは目に付く人の脚の太さを正確に計測はできていません。

スカウターのようなメガネでピピっと数値が見えるわけではないですものね。

では何で判断しているのか?

それは「全体の見た目」です。

身長での比率、上半身と下半身の太さとの対比、姿勢、筋肉の引き締まり具合、肌のたるみ、膝上の肉、表面のハリ、脚の形、、などなど総合的に見て「この人脚が太い」とか「この人は細い」と思っているんです。

そう、

脚の実際のサイズではなく見た目の印象なんです。

つまり本当は脚のサイズは標準なんだけども全体の印象がスタイルよく見えると「脚が細い」と思ってしまうんです。

コンプレックスからの誤解

中学生や小学生など思春期の女の子に多いのですが、この時期の女の子は周りと比べてしまって自分の容姿がとても気になる時期です。

極端な話自分を卑下しすぎて周りの女子が全員自分より脚が細いと思い込んでしまうんです。

気にしてしまうと自分より脚が細い子ばかりが目に付くせいでしょう。

実際には標準なのにすごく細くて美脚な子ばかり気にして「なんで私はこんなに太いの?」なんてあたかも周りの子が全員自分より脚が細いかのような迷宮に入ってしまうんです。

こうなってしまうと冷静に自分の脚が判断できてませんからトンチンカンな脚やせ方法を取り入れてしまい余計に脚やせ成果がでなくなってしまいます。

身長差を考慮していない

よく「モデルさんのように脚が細くなりたい」とおっしゃる女性がいらっしゃいますが、実はモデルさんの脚ってそこまで細いわけではないんです。

一部の日本のギャル系の読者モデルさんは信じられないくらい細い人がいらっしゃいますが、そういった方を除いた職業としてプロでやっているモデルさんはそこまで脚がガリガリではないんですね。

あまりに脚が細すぎると大舞台で歩いたときにアンバランスに見えてしまうからです。

一人でランウェイを歩いているモデルさんをよく観察すると脚は筋肉質で案外ガッシリしています。

骨ばってガリガリ、、なんてグローバルなモデルさんではいないんです。

 

でもモデルさんはなぜ脚がとても細く見えるのか?

それは身長(脚の長さ)と関係しています。

基本的にファッションモデルを職業としてやっている方は背が高いです。

160cmでも低いくらいで170cmから180cm近い、なんて方もいらっしゃいます。

でも、誌面では周りでも背の高いモデルさんばかりなのでそれを感じさせません。

あたかも自分と同じくらいの背(150cm~160cm)くらいの感覚でいるとそれは全然違うわけです。

同じ、ふくらはぎ32cm、太もも45cm、でも脚が長ければ比率で細く見えます。

身長が高くて脚が長ければ長いほど脚は細く見えるんです。

「モデルさんくらい脚が細くなりたい!」って思っていたら実は脚のサイズ(周囲)自体はモデルさんくらいの太さだった、、なんて人もいるんです。

 

自分からの見た目と周りから見た脚は違う

これは視覚のトリックなのですが、自分から見える脚とほかの人が自分を見る脚って印象が違いますよね。

たとえばそれが自分の顔だったりすると鏡を見て確認しますが、脚は視界に入るために自分の目で太さを判断してしまいがちです。

つまり、自分が見下ろして太いか細いか判断してしまうんです。

鏡で確認したとしても部屋のすごく近い位置にある姿見だったり、、。

そうすると見ている人のあなたの脚の印象よりも自分からの脚の印象のほうが太く見えます。

目から近くの位置にあるものの太さは大きく見えますし、対比するものがないのでほかと比べて判断できないんです。

正確に自分の脚の太さを判断したいのなら、人から見られてるのと同じくらい鏡を離してチェックするか、写真をとってもらう、

可能であれば同じ状態の女性(服装、靴のヒールなど)と並んで比較することです。

そうすることで脚のサイズ以外の弱点も見つけやすいです。

 

————————-

いかがでしょうか?

思い当たる項目はありましたか?

冷静に自分の脚が今どういう状態なのか判断しないと脚やせ&美脚への道は遠回りになってしまいます。

やみくもにダイエットや運動をやり始める前にまず自分の脚が本当に太いのか分析してみましょう。